フェルデンクライス メソッドで身体の癖を手放し、より快適な動きで可能性を広げましょう。「なりたい自分」を実現するお手伝いをします。

※画像をクリックして、スライドショーをご覧ください。

動きの探索
動きの探索

フェルデンクライス メソッドは赤ちゃんが動きを探索しながら成長する、その人間の成長過程で身につけていく動きをもとに組み立てられています。これまでにないユニークな方法です。

目の動きと体の動き
目の動きと体の動き

目の動きは体の動きと深く関わっています。フェルデンクライス メソッドでは目の動きを重要視し、目の動きを取り入れているレッスンが多数あります。

寝返りからハイハイへ
寝返りからハイハイへ

赤ちゃんが学んでいく動きの過程は、脳の神経系に働きかけ、刺激することで新たな動きとして再認識し、再構築され、新たな回路を構築していきます。最新の脳科学に基づいたメソッドです。

立つから歩くへ
立つから歩くへ

フェルデンクライス メソッドのレッスンは、教わるのではなく自ら学ぶ、学び方を学ぶレッスンです。 自分自身の導きの糸として必要な鍵は、無理なく、気持ちよく、楽しく動けるやり方を見つけることです。

床のどこに手をつくか
床のどこに手をつくか

子供にとってはこのような動きはとても楽しいものでしょう。でも大人になると何故か難しくなってしまう。何故なんでしょう?このように自分の体と遊ぶような楽しいレッスンもたくさんあります。体を動かして様々な感覚を経験することで、重要な脳の回路が繋がり神経系も発達します。

不快な症状との追いかけっこ
不快な症状との追いかけっこ

慢性的な痛みや不快感、体の不具合が背景にある状態でのレッスン。 好奇心を持ち、自分にとっての心地よい動きを探索し、感覚を通して自分に注意を向け続けることに慣れることで、心地よい自分を自分でつくることを学んでいきます。単にそれを消すということではなく、そのレベルが増さないようにする、また向き合い方を変える、違う方向から見られるようにすという考え方で、常に好奇心を持ち続けて学びます。

つらい慢性的なこり
つらい慢性的なこり

何をやっても思ったような変化や効果を感じなかったのは、他人任せで自らの動きに変化が得られなかったからかもしれません。自分の体に責任をもち、自分の体を自らが変えていく、心地よい自分にとっての楽な動きを探索することで、変化や効果を感じることができるのだと思います。

頑張らず、楽に快適に動く
頑張らず、楽に快適に動く

レッスンでは、出来る限りゆっくり、穏やかに、快適に、努力感や痛みがないように行わなければなりません。 主な目的はすでに知っていることを繰り返し訓練するのではなく、好奇心を持って、その人の中の新しい反応を発見するということです。

様々なポジションで
様々なポジションで

身体を効率よく楽に動かすことを自ら体感しながら動きます。 腰痛・膝痛・股関節痛・肩こりなどの改善、立つ・歩く等の日常生活動作・姿勢の改善、身体の機能回復等に役立ちます。

好奇心が未来を開く
好奇心が未来を開く

自ら学ぶレッスンです。自分自身の導きの糸として必要な鍵は、無理なく、気持ちよく、楽しく動けるやり方を見つけること。そうすれば高まった感受能力によって、自分がどれほど進歩したに気づくようになるでしょう。

スポーツ技術の向上
スポーツ技術の向上

なりたい自分になる、フェルデンクライス メソッドは芸術、スポーツなどの分野で各自のパフォーマンス向上にもその効果を発揮します。

ポールウォグに期待できる効果
ポールウォグに期待できる効果

より短時間で、安全に運動効果が得られる、効率の良いウォーキングスタイル! 1 筋バランスがとれ正しい姿勢になり、見た目が若返る。 2 歩幅が広がり、肩甲骨もしっかり動き、通常のの1.5倍の運動効果。     3 ゆがみや血流不足からくるひざ痛、腰痛、肩こりなどの解消に効果的。